naomiが書いた記事一覧

チャットレディって?~〈動画配信で稼げるお仕事〉ってほんとう?~

naomi3

こんにちは! アットホームライブ町田なおみです^^❣
チャットレディのお仕事をはじめて1年ちょっと。

はじめは右も左も分からなかったけど、今は事務所のみなさんとも話すようになり、楽しく稼ぐ日々を過ごしています。

これを機に、どんなお仕事をしているのかをみなさまにお伝えしたいなと思い、記事作成のお手伝いをはじめました(*^-^*)

 

チャットレディってどんなお仕事?

naomi2

 「チャットレディ」……はじめて友人からそのことばを聞いたとき、頭に浮かんだのは、コールセンタースタッフでした。今になってわかるけど、当たらずとも遠からず……。

コールセンターと決定的に違うのは以下の3点!

・お仕事が個室でorお家でできる

・お相手はほとんど男性

・クレームがほとんどない

 自分のペースでお仕事ができる、「チャットレディ」。でも、その名前を聞いて具体的なイメージが浮かぶ人はほとんどいないのではないでしょうか?

 とはいえ、このブログにたどり着いたということは、チャットレディというお仕事の漠然としたイメージはつかめているはず。

 ということで、あなたが一歩踏み出すためにも、具体的なお仕事内容について説明していきましょう!

「チャット」って何?

naomi5

 まず、大前提の「チャット」についてご説明していきます。

 「チャットレディ」のお仕事の基本は「チャット」!

 端的に言えば、ニコ生や、ツイキャス、インスタライブなどと同じ、動画のライブ配信です。お客さまとは、主にチャットのやりとりでコミュニケーションを取ります。

 多くのサイトが「1分間で〇〇ポイント」という形で女の子にお支払いする金額を決めており、配信を見ていただくことが出来ればその分、高い収入につながります。

 また、画面の向こう側にいるお客さまの人数によって、チャットの呼び方が異なり、1分毎の単価も変わります。次に、紹介する3種類チャットを使いこなすことで、がっつり稼いでしまいましょう^^♡

チャットの入門、〈パーティチャット〉

 

 省略して「パーティ」とも呼ばれます。チャットレディのお仕事開始はパーティチャットから。基本的なチャットです。

 一人のチャットレディが、複数のお客様へ向けて配信をします。ここでのコミュニケーションは、主にお客さまからのコメント。この段階では、お客様の音声は聞こえないし、映像も見えません。

 私たちはお客様の表情を想像しながら、文字や声でお返事します。音声なしでの配信もできますが、リアルタイムで会話が楽しめる方が好き、という方も多いので、マイクを使ったチャットがおすすめです。まずは、「マイクとタイピングどちらがいいですか?」と聞いてみましょう。お客さまそれぞれで希望が異なります。

 このパーティチャット、お客さまのタイプにも2種類います。

 お名前やプロフィールがチャットレディにわかる状態で、会話に参加するお客さまを〈メインさん〉、どんな方なのかはわからないけど、会話を見ていたり、メインさんにわからないようにコメントをくれる方を〈のぞきさん〉と呼びます。

 この〈メインさん〉〈のぞきさん〉が何人いてもOKなのがパーティチャット! お客さまの数が増えれば増えるほど、収入も増えます! なるべくたくさんの方に見てもらえるようにすると良いですね。

 ここで復習です。

・パーティチャットの基本はニコ生、ツイキャス、インスタライブと同じ、一方通行の配信。

・お客さまとのやりとりはコメントのみ。こちらは音声や文字でコミュニケーション。

・名前が分かるお客さまを〈メイン〉、招待を隠して覗くお客さまを〈のぞき〉と呼び分け。

 もう少し頑張れそうですか? まだまだ説明しなければならないことが沢山ありますよ!

〈ツーショットチャット〉で二人きりを楽しもう♪

 

 パーティチャットから、お客さまのご希望によってはツーショットへ移動することも。

 お客さま側へのメリットとしては、メインさんが一人に絞られる点です。ツーショットに移動することで、他のメインさんや、のぞきさんを気にせずにチャットレディとお話できます。

 チャットレディ側のメリットは、2点!

 まず、一人のお客さまに専念できるので、圧倒的に楽です。

 さらに、ツーショットの方がパーティチャットよりも単価が高い点が挙げられます。パーティチャットの最中で、のぞきさんが来ない場合には、「二人きりでお話しませんか?」とさりげなくお誘いしてみるのもお勧めです。男性は意外と誘われると嬉しいらしいですよ。。。(´へωへ`*)

 この時の誘い方はまた今度の機会にお話しますね。お次は2ショットチャットのデメリット。

 2ショットチャットをすることで、まるで彼氏のようにふるまう男性が時々いらっしゃいます。メリットとデメリットで言ったら、カバーしてあまりあるほど小さなデメリットなのですが、お客さまのヤキモチへのケアも必要になってきます。とはいえ、男性のヤキモチは、もはやチャットレディから考えれば一種のツール。上手いこと使わせて頂きましょう。(笑)

もう一点のデメリットです。複数のお客さまがいるパーティチャットの方が、ツーショットよりも単価が高くなることもあります。このケースはパーティチャットを続けた方がお得です。上手いこと使ってみましょう。

 ここでも復習です。

・ツーショットはひとりのお客さまが相手になる。

・単価はパーティチャットより高く設定されている。

・場合によってはパーティチャットの方が単価が上がる。

 次はいよいよさいご。〈双方向チャット〉について説明します!

〈双方向チャット〉はもはやデートですっ。

naomi4

 最後に、お客さまとの距離がいちばん近くなる、双方向チャットのご紹介です。これはツーショットの進化版。お客さまのカメラとマイクが使えるようになります。

 基本的には、双方向の単価が一番高く設定されているようですが、サイトによってはツーショットと変わらない場合もあります。

 双方向はいわば、LINEやスカイプとおなじ〈ビデオ通話〉です。文字でのコミュニケーションがないぶん、お客さまとのやり取りはよりリアルタイムなものになります。

 お客さまがコメントを打つのに発生する時差がないので、間があいてしまうこともなく、反応を示しやすい点がメリットと言えるでしょう。

 ツーショットやパーティチャットと異なり、お相手の見た目や声を話題にしやすいという利点もあります。お客様との距離をここで縮めて、常連さんになって貰えたら無敵です!

 一方で、お客さまの顔が見える、単価が最も高い、という事で、お客さまが「欲しがりさん」になる場合があります。リクエストにはできる範囲で積極的に応えましょう。もちろん、「それはちょっと・・・」というものについてはスタッフに相談してください。一緒にどのように対応していくかを考えましょう。また、やんわり断るスキルを身に付けておくのもいいかもしれませんね。

 最後の復習です。

・双方向チャットは単価が一番高い。

・お客さまとの時差がないため、コミュニケーションが取りやすい。

・お客さまの要求のレベルが上がることがある。

 やあ~、お付き合いいただきありがとうございます。

 ここまで説明できれば、私にも悔いはありません。

まとめ

naomi1

 以上、3つのチャットを紹介しました。先ほど書いた通り、お仕事開始後の最初の画面はパーティチャットです。

 ここでたくさんのお客さまに、自分のキャラクターを知ってもらい、気に入っていただくことが出来たら2ショット、双方向チャット、と移動していきます。

 1分毎の単価も上がっていくので、たくさんのお客様さまに自分を売り込んだ者勝ち!まずはパーティチャットで自分を知ってもらう、それから2ショットで距離を縮める。双方向になるころには、きっとお客さまとの絆も深まり、常連さんになっていることでしょう。このルーティンを回していくことで、安定した稼ぎを得ていきましょうね!

 疑問を持った方は、お問い合わせをお願いします。〈チャットレディ〉を始める前に、その「?」を一緒に解決しましょう!

 関心を持った方は是非、一緒にお仕事を始めましょう。アットホームライブ町田では、みなさんの良いところを最大限に伸ばすお手つだいをさせて頂きます。

 それでは、今日も、お客さまとの〈デート〉に勤しんでまいります。なおみでした!

カフェ空間で高収入!アットホームライブ

町田店、現役チャットレディが教える!ハマる待機地獄!そこから抜け出すには?

なおみ1

こんにちは!

アットホームライブ町田、チャットレディのなおみです^^❢

今日は、「お客さまは〈ちょっと気になる男の子〉だ!」という、独自の切り口(自分でそう言う。)で記事を書いてみようと思います。

チャットレディは、自分のペースでお仕事ができる反面、お仕事に気持ちが向かないと「今日は良いかな。。。?」という日が続いてしまって、ついついサボってしまいがち。インしなければ稼げないという超・原始的なお仕事です。

モチベーションが高く保てないという状態にも、さまざまな原因があると思うので、今日は「待機してもお客さまが着かない状態」に焦点を絞って解決していこうと思います。

この記事を読み終わるころには、「今日はいっちょ、やってみるか!」と思えるような記事にしたいので、ぜひお付き合いくださいね。

 

インしたはいいけど、お客さんが入らないよぅ。。。

なおみ4

さて、チャットレディを始めてみたはいいものの、立ちはだかるのが「待機」の壁です。

私も、新人割引が終わった2か月目には、すでにこの壁に悩まされていました。

いやあ、本当にきついですよね、これを界隈では〈待機地獄〉と呼び、それは恐れられている事態であると聞いております。

 

こうなってしまうと、「顔出しはしない!」と決めて始めたにもかかわらず、「やっぱり顔出しには敵わねえよう」とか、「ちょっとエッチな服装の方がウケるだろうなあ」とか、どんどん〈できない事〉のほうに目を向けてしまって、「自分の良さ」を見失ってしまうんですよね。経験がある方も居るかと思います。

でも、そんなのはもったいない! 自分のできることに目を向けると、案外と解決することもあります。

 

そんな時はチャットレディの管理画面を徘徊してみましょう。

チャット管理画面は、情報の宝庫です。たいてい、こんなモノを見ることができます。

 

・お気に入りしてくださったお客さまの情報

・チャットの履歴

・プロフィール編集画面

 

これを活かしてほしいな、となおみは思います。

その活かし方をこの記事ではお伝えしていこうと思います!

いいですか、チャットはバーチャル恋愛です。そう、惚れた男性にする振る舞いを、お客さまにするのです!

 

お気に入り登録のメッセージに返信する。

なおみ3

「お客さまが定着しないよう。」、これはなかなかに厳しい問題です。

私も、チャットレディを始めて6か月、鳴かず飛ばずの状態が続きました。きつかった・・・。

そこで目をつけたのは〈お気に入り登録通知メッセージ〉。もうすでに返事してますけど!という方は、下にスクロールしてくださいね。

 

お気に入りメッセージが来たら、まるで友達以上恋人未満の様に。

 

この通知メッセージ、そもそもが待機画面を見てからでなくてはお気に入り登録をすることができないので、もうすでに「いいな」と思ってくれているのです。

インスタ見てて、「いいな」と思わない投稿には「いいね」しませんもんね。

つまり、「食指が動いた」状態です。これを、「話したい!」という状態に持って行くために、メッセージ機能を活用してください。

 

恐ろしいことを言うようですが、10通に1通お返事が来ればいいな~くらいの感覚です。

そんな感覚なので、ここに体力を割いてはいけません。簡単に、簡潔にメッセージをしましょう。

というわけで、ここにテンプレートを置いておきます! 参考にしてくださいね。

 

〇〇(お客さんのお名前)さん、こんにちは。

お気に入り登録ありがとうございます!

たくさんの女の子の中から、〇〇(あなたのお名前)を見つけてくださったこと、とってもうれしいです。

 

(プロフィールに共通の趣味があれば)〇〇さんは〇〇がお好きなんですね。詳しく聞いてみたいです!

(好みが明かされてていなければ)〇〇さんはどんな女の子が好きですか? 好みのタイプを教えてくださいね♡

(プロフィール未記入の場合は)〇〇さん、どんな人なのか、チャットやメッセージで教えて欲しいです(*^^*)

 

はじめの3行は固定ですが、その下は「1文だけ!」と決めています。そして、プロフィール画面は必ず見ます。思わぬところにお客さまを掴むヒントは隠れているのです。

これを男性の側で考えると、何気なく「いいね」した女の子からDMが来る、みたいなモノ。ちょっと心がソワっとします。

これはお客さまから聞いた話ですが、返事はなくても、インしてると「おや、今日もインしてる」とか、「そういえばメッセージくれてたな。ちょっと話してみようかな」と思う事はあるそうです。

即効性はほとんどないものの、続けていくことで着実にお客さまの層を広げることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

チャットの履歴から思い出を語る

なおみ2

次はチャットの履歴から、お客さまとの共通の話題を探っていきます。チャットのいわば「トーク履歴」は遡れるサイトとそうでないサイトが存在するので、自分の配信するサイトにその機能があるか否か、スタッフに確認したり、自分で管理画面を徘徊して、探してみてくださいね^^♪

遡れない場合は、お客さまメモを活用しましょう。これは、「どんなお客さまであったか」と一緒に、「自分はこう思った」という感想を残しておくと便利です。

ここでは、履歴を見つけることができたか、お客さまメモを残している、という前提で話を進めていきます。

 

チャット履歴は「そんなこともあったね」と。

 

履歴は思い出の宝庫。新人デビューして初めてお相手になってくれたお客さま、はじめて「楽しい!」と思えたお客さま、それぞれに思い出があると思います。

ここでは、そんなお客さまとの思い出を、メッセージを使って共有していきます。

 

そう、ここで使うのもメッセージ機能です。

自分のスマホ、PCからサイトにアクセスすることに抵抗のない方は、スタッフに「ログイン画面のURL教えて下さい!」とお伝えくださいね。何かしらの方法で教えてくれるはずです。自分のスマホからログインできるようになっていれば、通勤時間を収入に繋げることができますよ(*^^*)

さて、本題のメッセージを使った思い出の共有ですが、私はこんな風にしています。

 

〇〇(お客さまのお名前)さん、こんにちは。

暑い日が続いていますが、元気にしていますか?

先日は、お話してくださってありがとうございました!

〇〇について、こんなに詳しくお話出来る方は初めてだったので、ついつい長くなってしまいました。

お仕事への影響はありませんでしたか?

 

オススメして頂いた〇〇、さっそく聞いてみました。感想聞いてほしいので、次回のインもお伝えしますね♡

ご都合がよければ、またお話したいです❢

 

彼とは、音楽の話をしました。

こんな風に〈お客さまに対してチャットレディが抱いた感想〉と〈またお話したい理由〉を入れておくと良いですね(`・ω・´)

これはいわば、デート終りのLINEと同じ。気になる男の子とのデートの後、自分がどういう行動をとるかを思い出してください。

そういう行動に心当たりがない方は、「ちょっと重めのあの子(友達でも芸能人でも何でもいいです)ならどうするか」を考えて、振舞ってみてくださいね^^♪

これも即効性のないアプローチですが、待機中にふと、メッセージが返ってくることもあります。

理想はインする数日前に〈思い出共有メッセージ〉をお客さまに送っておくこと! もしかしたら当日のお約束に繋げられるかもしれません。

 

正体不明の人にはちょっと抵抗あるよね、って話。

なおみ5

ここまでで3000字あります。あともうちょっとです。

待機中にお客さまが着かない状態を打開すべく読み始めた方は、もしかすると既にチャットが開始してるかもしれない。

「まだチャットが始まらないよお」という方は、ココが一番のポイントになるかもしれません。一緒に頑張りましょう!

 

先ほど挙げた3つのうち、最後の〈プロフィール〉の活用法です!

 

婚活アプリをプロフィールなしで活用するわけにはいかない。

いえ、チャットレディは別に婚活をしているわけではないのですが。ちょっと考えてみてください。

時々いるじゃないですか、プロフィールに何も書いていなくて、お気に入りメッセージだけ飛ばしてくる人。

あとはプロフィール空欄ばかりで、チャットのメインさんになってくれちゃう人。

 

「こんにちはぁ。えへへ、はじめまして・・・」から、もう次の話題こっちから振れなくなっちゃうんですよね。

こんな時、なおみさんはコミュニケーション能力が低いので「なんか書いておいてくれ~!!!」と思ってしまいます。

 

でも、これって実は、お客さまの側からしても同じことかもしれない。

安くないお金を払って私たちとお話する以上、お客さまはもちろん自分の決断に後悔したくないわけです。

待機画面で容姿はわかるけど、あとの手掛かりは〈ひとことコメント〉くらいしかないわけです。そこで、気になるのがプロフィール。

 

サイト登録時のまま、スタッフさんがペペイッと書いてくれたもので放置していませんか?

とはいえ、日本人は自己紹介が苦手な人種であると言います。ここでもテンプレートを用意しましょう。

みなさんはチャットの時にエネルギーを使ってください、他は私がどうにかするので・・・!!

 

こんにちは! プロフィールを見て下さってありがとうございます!

〇〇(あなたのお名前)

あまり積極的ではないけど、いろんな人とお話したくて始めました。

コロナウィルスでお出かけできないこんな時だからこそ、オンラインデートを楽しみましょう❢

〇〇について:(あなたの説明書くらいな感じで、自分を演出しましょう。大事なのは最初の魅せ方です。)

趣味:(ちょっと知ってる、くらいの趣味が良いかもです。まれに本気で語り合いたい人もいるので、数種類書いておきましょう)

特技:(チャット中に披露できるものがいいですね。)

〇〇のこと、ちょっと知ることが出来ましたか?

チャットでもメッセージでも、ぜひあなたのことを教えて下さいね。

お待ちしています^^

 

さすがに、皆さんのことを知らないのでざっくりテンプレでしたが、「なに書けばいいの~」という方には参考になるかも。

基本の構造はこれでいいはず、最低限、このくらいの事を書いておきましょうね。

プロフィールを公開することで、共通点を勝手に見つけて話しかけてくれることでしょう。

 

ちょっと、息切れしてきたので、まとめにはいりますよ・・・!

 

まとめ

名称未設定 1

ここまでで4200字あるので、待機中に読み始めた方はチャット2発目くらいになっているかもしれません。

「読んだけど、全然チャット始まんないよ!」という方は、読み終えたらメッセージの返信から始めてみてください。

即効性はありませんが、男の人は「ジワジワ来るもの」に弱いです。(これは偏見です)

この記事で挙げたことをもう一度、復習しておきましょう!

 

・お気に入り通知のメッセージに返事をする。

(まるで友達以上恋人未満の存在のように! 「デート誘ってよ~」って感じです!

・思い出をメッセージで共有する。

(「この前のデート、すっごく楽しかった! また行きたいな~」と、同じテンションです)

・プロフィールを記入する。

(未記入では話題が見つかりません! あなたの〈色〉を前面に押し出したプロフを作りましょう!)

 

サイトの管理画面で分からないことがある方や、「プロフィールが書けないよう!」という方は、事務所スタッフをどんどん頼りましょう。

プロフィールに関しては、あなたの思いもよらない持ち味を見つけてくれるかもしれません。

これらを制覇したころには、きっと〈常連さん〉と呼べるお客さまがついているはず。

大丈夫、6か月間常連が着かなかった私が、これで常連さんを得たのですから。

 

チャットレディのお仕事は、工夫次第でいくらでも稼げる魅力的なお仕事です。

女の子はとにかくお金がかかる! 興味のある方はぜひ、アットホームライブ町田にお問い合わせくださいね(*^^*)

 

 ↓ お問い合わせはコチラへ ↓

店舗LINE

カフェ空間で高収入!アットホームライブ