モテる!会話術の記事一覧

モテ女子がやっている!初対面の人に「好印象」を与える3つの方法

アットホームライブ店内モテ女子ポップ

チャットレディのお仕事を通して、モテる女子になるためのハウツー(あいさつ編)

 

チャットレディのお仕事は、常連作りがとても重要で、逆に常連さえ作ってしまえば、非常に簡単にできるお仕事なんですが、中々みなさん上手にできなかったり、これが意外と難しかったりしますよね!

 

このブログを見ているほとんどの方は、チャットレディ未経験な方ばかりだと思いますので、「意味わかんない、超キモーい」と思うかもしれませんが、モテる会話術の基本でもありますので、今日は常連の作り方について、一緒に考えていきましょう!

 

初対面の人に対する好印象の与え方

常連作りに欠かせないことって何でした?

「はじめまして」の人に対して、いかに好印象を与えるかですよね!!

人の印象というのは第一印象でだいたい決まってしまうので、ここで良い印象を与えておくのと、そうでないのとで、今後の展開を大きく左右します。後からボロが出ても構わないから、まず最初、ほんの5分だけでも意識して好印象を与えることに徹してみてください。

 

 最初の5分だけでも好印象を意識する

たった5分の会話でも、「あ、なんかいい子だったな・・」「いつか俺の女にしてやりてえ」などと思わせることができれば、帰ったあと、会っていない間でも、その男性が考える理想の女性として勝手に美化した妄想をしたり、イメージしたりするんですよね。

 

「ちょww 男とかww 単純ww」と思いますよね。

僕も自分で言ってて「たしかにあるよな。」と思いました。

 

 逆の立場にたって考えてみる

でも、これは逆の立場でも言えることで、凄く感じの良い男性に爽やかな第一印象を与えられたら、

「あの人なんか良かったかも・・まさか、これが・・恋?」なんて妄想したりした経験、ありませんか?

 

「いや、私はないわ。」と言ってる方も、ホントはありますよね~ ボアハンコックですよね。

 

まあ「※ただしイケメンに限る」だとは思うのですが、

要するに第一印象には、今後の二人の関係をイメージさせる強い力がありますので、会話のコントロールは「はじめまして」の印象から始まり、そこで良い印象を与えることができれば、常連作りがとっても楽になるということですね。

 

「はじめまして」で好印象を与える3つの方法

1.礼儀正しく、上品に

人がまず、最初に目に着くポイントは、礼儀です。

例えば「ウィース!ヨロシャッス!ウェーーイ!!」という男性がいたら、「こいつチャラいな。」と思いますよね。

挨拶の雰囲気、喋り方、表情は、第一印象でまず最初に目につくポイントです。

 

特にチャットの場合は、目上の男性を相手にしますので、礼儀正しく振る舞うことが大切です。

「はじめまして、◯◯と申します。よろしくお願いします。」

キャラ設定にもよりますが、落ち着いて、ゆっくり丁寧に、上品に、挨拶。礼儀正しく振る舞います。

 

2.口数は少ない方がいい

初対面では、なるべく口数が少ない方が良い印象を与えます。

自分の事をあまり語らず、相手に聞かれた質問に対して答えるだけにして、「おとなしい子なのかな?」と思われるように接してみてください。「喋るの大好き!」という方も、最初は少し抑えて!

自分のアピールは2回目、3回目にすると割りきって、まずは第一印象の上品さを意識してみましょう。

 

3.自己紹介の時は、長所を短所にして答える

おとなしく聞き役に徹していると、そのうち男性側は、「どんな子なんだろう?つかめないな」と、どんどん興味が湧いてきて、ストレートに「◯◯ちゃんって普段何してるの?どんな子なの?」などと聞いてきたりします。

 

いよいよ自分の話をするタイミングがきたら、

自分の良いところを短所として話してみましょう。

 

「料理ができない」「掃除ができない」「ギャンブルが好き」

などは、ただの短所ですので、NGです。

「あっ対象外だわ」と思わせてしまう可能性がありますから気をつけてください。

 

僕がオススメしているのは、

「夢中になると他が見えなくなっちゃって、ドジしちゃうんです」

「引っ張ってくれる人がいないとダメなんです」

「おっちょこちょいなところがあるんです」

などと、女の子特有の、か弱いポイントを短所として話してみてください。

こういった女性に男性は惹かれるので、これが後々効いてくるはずなんです。

口説かれ上手な女性になる為の鉄則は、いかに隙を見せるかと言われたりしますが、隙を見せるというのは、つまり弱い女性を作り上げるということなんだと思ってます。

 

「こいつの事守ってやりてえ」「お前は誰のなん? 俺のやろ」「じっと出来ないならしがみついてろ」

などと言わせるための、第一ステップとして、作戦的な第一印象は非常に重要なポイントとなりますので、まずは一度試してみてください。

 

カフェ空間で高収入!アットホームライブ

挨拶+αで自分主導のコミュニケーションを作るチャットレディ流の心理術

挨拶から始まるコミュニケーション

さすがに、「こんばんは!」「おはようございます!」と、挨拶ができない方は中々いないと思いますが、

挨拶だけで済ませてしまうという方は割りと多いのではないでしょうか。

僕がプロのチャットレディの挨拶において大切だと考えている事は、「挨拶+α」の部分にあると思っています。

 

挨拶ができてえらい子ね!

幼稚園児だったら、「こんばんは」が言えれば、

「ちゃんとご挨拶ができて偉い子ね!」「賢い子ね!」「おたくの坊や、天才ね!!」

などと褒められたりもするのかもしれませんが、プロのコミュニケーションは、それだけでは終わりません。

 

「こんばんは」の後には必ず、

「最近ずっときてくれなかったから、寂しかったんですよ」

 

「こんばんは ねえ見てくれた?こないだオススメした映画!」

などと、間髪を入れずに次の会話につなげ、自然に自分主導のコミュニケーションに引き込んでいたりします。

 

緊張を緩和して自分主導のコミュニケーションに

女の子が最初緊張するように、お客さんも入室時は凄く緊張しているもんです。

この緊張を緩和してあげることができれば、必ず相手は自分に心を開いてくれます。

 

また、チャットレディのお仕事において、「主導権を握る」という最も重要なことも、

この挨拶1つで、簡単にクリアできますよね!

 

「挨拶+α」のテクニックは、相手の緊張を緩和すると同時に、

女の子主導のスタートを自然な流れで作り出すことができます。

 

セリフにこだわる必要は無い

相手の緊張緩和と、自分主導のコミュニケーション作りが目的なので、

「+α」のセリフは、どんな内容でも大丈夫。

 

例えば、ベテランチャットレディさんなんかは

「ねぇ!!どうしてメッセージ返してくれなかったの?もー知らない!ブチッ」

などと、わざと切断して、お客さんを追わせたり、作戦的にディープな世界に引き込んだりする女の子もいます。

「悪魔的センス!」と僕も関心したりするのですが、これはまあ、相手を間違えると大変なことになりますので、初心者の方にはあまりオススメしていません。

 

どうしても思いつかないという方は

「ねえねえ、今日 私いつもと違うところある??」

というように、

自分になんらかの変化を与えて、それをネタにしてみるのも1つの手ですよね!

 

挨拶はコミュニケーションの入口に過ぎない

挨拶ができた!凄い(╹◡╹)!!!というのは子供の考え、挨拶はただの入口ですから、会話の雰囲気や、流れの主導権を握るためには、そこから1歩踏み出して、+αのコミュニケーションを築きあげなければいけません。

 

まあ、とは言っても中々難しいですよね!

でも、難しければ難しいほど、

それをクリアすれば他のチャットレディさんに差をつけることができるのではないでしょうか。

 

チャットレディは、インターネットを通して全国の女の子達と同じフィールドで働くお仕事なので、

いかに他の女の子と差をつけたチャットができるか、ということが大切だと僕は考えています。

 

「100人いたら100人ができない」そんなコミュニケーションを極めて、ワンランク高い報酬を稼ぎましょう!

カフェ空間で高収入!アットホームライブ